連休がある時に試したい!「スープダイエット」

手術での負担を減らす為に行われていたことから広まったといわれている「スープダイエット」。
キャベツ、玉ねぎ、セロリ、トマト、ニンジン、ピーマン、生姜が入ったコンソメベースの脂肪燃焼スープをメインに食していくダイエット法です。
飲み物はブラック珈琲、お茶、水のみに制限されています。
野菜を沢山とることができるので、減量効果だけでなく、腸内バランスもよくなり便秘の解消にも役立つと言われていて、ダイエット成功者の声も耳にします。
初日(スープ+果物)、2日目(スープ+野菜)、3日目(スープ+野菜+果物)、4日目(スープ+バナナ+スキンミルク)、5日目(スープ+肉、トマト)、6日目(スープ+牛肉+野菜)、ラスト日(玄米、野菜、果汁100%)といった集中ダイエットです。
しかし口にできる食物が、大幅に制限されてしまうため、健康な人が、普通に日常生活を送りながらダイエットを行うのはかなり難しいといった声もあります。
お盆の連休時などまとまった休みが取れる時にためしてみるのもよいかもしれませんね。

立ち方、歩き方を見直してあなたも「見返り美人」に!

外見で人を判断するのはよくないことだといいながらも、猫背だったりして姿勢が悪い人は、姿勢だけでなく、心まで歪んで見られたりすることが少なくありません。
逆に、凛として佇む姿勢が美しい人は、周囲の人に好印象を与えることができます。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といった姿勢のよい美人を讃える言葉も昔からありますよね。
では、どうしたら美しい立ち姿になれるのでしょうか?
背筋をのばし、顎をぐっと引いて、空から吊り上げられているかのようなイメージを持ちながら、立つようにすると美しく見えるそうです。
また、内転筋とよばれる内側の筋肉に力を入れるようにして過ごすことで、脚が引き締まり、まるでバレリーナーのような美脚効果も期待できまるそうです。
また、歩く際には、足の指を踏ん張って、足の指、付け根、かかとの3点を同時に着けて歩くように心がけましょう。
モデルのように美しい歩き姿を身に付けて、通りすがりの人をハッとふり返らせてしまいましょう。

目指せ!透明感のある肌!美白乳液がおすすめ

透明感があるキレイな肌に憧れる人も少なくないと思います。そんな白く美しい肌を目指す方に、推したいアイテムのひとつに「美白乳液」があります。
肌の保湿をしっかり行うことにより、自然と紫外線の影響をカバーして、シミやくすみの予防を行ってくれるそうです。
美白乳液は、リーズナブルな価格で販売されているものもあるので気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。
シミやくすみは、紫外線により、メラニンが皮膚に作られることでできると言われています。
メラニンは、皮膚がんなどを防ぐために役立つものでもあり髪の毛を黒く保つためにも必要で、年を経てメラニンの生産状況が悪くなることで白髪になるともいわれています。
しかし大量に作られ過ぎるとシミやくすみとなって肌の表面に現れてしまうのです。
日常生活の中で紫外線ケアをしっかり行う事はもちろんですが、規則正しい生活を心がけることも肌のコンディションを整え美しい肌を保つのに役立つそうですよ。

低カロリーなのに栄養豊富な砂肝は美容の味方!

スーパーなどでも低価格で購入できる砂肝。低カロリーなのに美容に役立つ栄養素が豊富に含まれていたりコスパ的にも優秀な食材なんです。
コリコリした食感がよく、塩コショウで炒めるだけでなく、ひじきと一緒に炒め煮にしたり、から揚げにしたり、様々な料理で使える食材です。
ネギや生姜などと軽く茹でてから使うと臭みも気になりません。
ほうれん草よりも多くの鉄分が含まれており、レバーが苦手だという人でも、食べやすいのも魅力で、貧血予防に鉄分を多く摂りたい妊婦さんなどには特にオススメです。
◆鉄分&ビタミンB12
血液中の赤血球量を増やす鉄分とビタミンB12、両方が共に含まれていることにより、より一層の貧血予防効果を期待することができます。
◆亜鉛
抗酸化作用があり、骨や髪の育成に必要不可欠なミネラル成分です。
◆ビタミンB12
血液中の赤血球量をアップさせ、体に酸素を運ぶサポートを行います。
◆ビタミンK
止血作用がある他、骨密度を高め骨折予防にも役立つと言われています。
砂肝使った料理を上手に日々の食事のレパートリーに加えたいですね。

昔は魅力的な臭いとして役立っていたアポクリン腺について

汗が流れでる汗腺の1つ、「アポクリン腺」と呼ばれるものに脂肪や雑菌が混ざることにより、ワキガならではの不快な臭いを放つといわれています。
アポクリン腺の数は、生まれつき決まっていることから、ワキガ体質になりやすい人も遺伝により受け継がれ耳垢の質でおおよその判断をすることができると言われています。
ベタベタタイプの人はアポクリン腺の数も多くワキガに悩む人が多いそうですよ。
アポクリン腺は脇、陰部、胸部、外耳道など性的部分に多くある汗腺で、はるか昔には、フェロモンとして異性を引き寄せる働きを担っていたそうですが、食生活の変化といった理由もあり、現在では、臭いフェチの人を除いて、嫌がられてしまう厄介者になってしまっています。
フェロモンとしての働きを持っているためか、子どもやお年寄りであまりワキガに悩む人はいないといわれています。
手術でアポクリン腺の数を減らすこともできるようですが、脇をデオドラントクリームや汗拭きシートなどで、こまめに殺菌したり、食生活を、肉食から和食中心に変えることでも、ワキガの抑制効果が期待できますよ。

醤油の種類とマッチしそうなオススメ料理

日々の料理でよく使用している調味料といえば、醤油を思い浮かべる人も少なくないと思います。
醤油には薄口、濃口といった種類がある他にも色々な種類があります。そこで料理別おすすめ醤油について取り上げてみました。
◆濃口醤油
一般に醤油とレシピに書いてあったらこの醤油のことで、どの料理にもマッチします。
◆薄口醤油
濃口醤油に比べて、醤油の色や味が薄めの醤油です。素材の味を活かしたい煮物やおひたしなどに使うのに向いています。
◆たまり醤油
通常の醤油より大豆の味がしっかり感じられる濃厚な醤油で、照り焼きやお刺身と相性がいいかもです。
◆再仕込み醤油(甘露醤油)
すし屋の卓上で見かけることが多いかも。たまり醤油よりも更にしっかり醤油の味を感じられるため、お寿司や冷奴などにオススメです。
◆白醤油
澄んだ琥珀に近い色をしている醤油です。あっさりした風味で、お吸い物などといった繊細な料理の味付けに使用されています。
この機会に日頃使っていない醤油を使った料理にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ワキガの抑制に役立つ食材はこれだ!

夏場、大量に流れる汗、気が付けば脇から異臭が漂っていてギクッなんてことはありませんか?
そんなワキガは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から流れ出る汗の成分に脂肪などがプラスされ酸性化することで発生するといわれています。
肉などのこってり料理が好きな人の体臭がきつくなりやすいのもそこに原因があります。
酸性化するのですからアルカリ性食品を同じぐらいとり中性へと近づけることで、臭いはかなり軽減できると言われています。
具体的に何を食べたらいいのでしょうか?
一番のおすすめは「梅干し」です。
他には、豆腐や、納豆などといった大豆製品、ミネラルを多く含んだわかめや昆布などの海藻類、ほうれん草などの緑黄色野菜、こんにゃく、しいたけ、バナナなどもあります。
アルカリ食品に和食の食材が多い事からも日本人が欧米人に比べて体臭が少ないのもうなずける話ですね。
肉だけでなく、こうしたアルカリ食品を、バランスよく食べて体内を中和し気になる臭いを気にせず過ごしたいですね。

セルライトを撃退するには血行をよくすることが大事!オススメ食材

ふと関節を曲げたときとかに、気になるセルライト。脂肪が固まってできると思われがちなセルライトですが、実は、肥満とは関係なくできるって知っていましたか?
セルライトが形成される要因のひとつに、冷えやむくみから血流が悪くなることにより起こることが多いそうです。そこで、冷えやむくみの改善に役立つ食材について紹介したいと思います。
◆冬野菜
夏野菜が体の体温を下げる働きがあるものが多いのに比べて、大根、ニラ、ネギ、ゴボウなどといった冬場が旬の冬野菜は体を温めてくれる効果を持っています。
◆鉄分豊富な食べ物
ほうれん草、レバー、砂肝、ひじき、あさりなど鉄分が不足すると代謝の働きが妨げられてしまいます。
◆発酵食品
納豆、みそ、麹、醤油、キムチなどです。腸の働きを促しデトックス効果が期待できます。
◆薬味
昔から薬としても使われることが多い生姜や山椒といった薬味は、体を温めてくれます。
また 食事だけでなく体も動かすように心がけることで、更に血行が良くなりセルライトを減らすことができますよ。

がん予防やアンチエイジング効果も!味噌にまつわる話

和食に欠かせない調味料の1つである「味噌」は、ここ最近発酵食品として、がんの予防効果や、アンチエイジング効果、美白効果など、健康や美容の面からも注目を浴びている食材です。
そこで味噌にまるわることについて、紹介していきたいと思います。
味噌には米から作られ日本各地に広まっている「米味噌」、麦から作られ九州地方を中心に使われている「麦味噌」、豆から作られ愛知県など東海地方を中心に広まっている「豆味噌」があります。
米味噌の中でも、関西中心に使われている白みそ、関東、東北を中心に使われている赤みそ、北陸、信越で主に使われている淡い色の味噌など一口に米味噌といっても、地域によって様々な種類があります。
味噌は、冷蔵庫で保存することで味噌の酸化を遅らせ美味しく食べることができると言われています。
また、ケースに入れていても、味噌の表面にラップをかけておくことで、表面が乾燥してパサパサになるのを防げますよ。
しっかり保存を行い、様々な料理で味噌を活用したいですね。

ダイエットはしなくても良い?

男性にモテようとしてダイエットを頑張っている女性は、無理してダイエットをする必要はありません。少し太っている方が良いかも?

私も男性とお付き合いがしたくて、現在ダイエット中なのですが、こんな朗報を発見しました。結婚相談所で有名な、オーネットという会社が男性に対して、どんな女性たタイプなのかとアンケートを取った結果、女性に対しては、少しぽっちゃり系の方が人気があるという事が分かりました。細い体がタイプという男性は、意外に少ないそうですね。でも、なぜ男性はぽっちゃり系の女性にひかれてしまうのか…一説には、ふくよかなため、安心感が増す可能性が高いという事と、家庭的な印象を持ちやすいという事が上げられるそうです。

それは、自分の母親を見ているからなのでしょうか?母親が痩せてスタイル抜群という家庭はほとんどないかと思います。モデルでダイエットをずっとしているのであれば、別ですが。そういった家庭に生まれたら、やはり母親が家庭の代表として脳裏に焼き付いてしまうのでしょうかね?どんな芸能人が好みかという質問に対しても、ややぽっちゃり系の芸能人ばかり出てきました。果たしてこのままダイエットをしないでよいのか悩み中ですね。私自身は、やっぱり余分な脂肪は落としてしまいたいと思ってしまうのですが。